【和訳】ジョー・バイデン勝利演説2【2020年米大統領選挙】




 前回の記事 ジョー・バイデン勝利演説 Part1 ↓




 For all those of you who voted for president Trump, I understand your disappointment tonight. I have lost a couple times myself. But now, let’s give each other a chance.

(トランプ大統領に投票した全ての方々。今宵のあなた方の落胆はわかります。私自身も何度か、敗北を経験しました。しかし今、お互いにチャンスを与えましょう。)

It’s time to put away the harsh rhetoric, lower the temperature, see each other again, listen to each other again, and to make progress we have to stop treating our opponents as our enemies.

(今は、これまでの厳しい口調を留めましょう。冷静になって、お互いを見つめ直し、お互いの声に耳を傾け、前に進みましょう。私達の反対派を敵視するのは止めましょう。)

They are not our enemies. They are Americans, they are Americans. The bible tells us, to everything there is a season, a time to build, a time to reap, and a time to sow, and a time to heal.

(彼らは私達の敵ではありません。彼らはアメリカ人、アメリカ人なのです。聖書が述べているように、物事には時期というものがあります。建築する時期、収穫する時期、種をまく時期、癒しの時期。)

This is the time to heal in America. Now this campaign is over. What is the will of the people? what is our mandate? I believe it’s this.

(今、アメリカは癒しの時期です。そして、この選挙運動は終わりました。国民の意志は何なのか。私達の権限は何なのか。)

America called upon us to marshal the forces of decency, the forces of fairness, to marshal the forces of science, and the forces of hope.

(私はこう思います。アメリカが私達に求めるのは、品位の力、公正の力、科学の力、希望の力。)

And great battles of our time, the battle to control the virus, the battle to build prosperity, the battle to secure your family’s health care, the battle to achieve racial justice and root out systemic racism in this country.

(そして、我々の偉大なる戦い、つまり、新型ウィルスを抑える戦い、繁栄をもたらす戦い、家族の健康を守る戦い、人種の公正をもたらし、人種差別を撲滅する戦い。)

And the battle to save our planet by getting climate under control. The battle to restore decency, defend democracy, and give everybody in this country a fair shot. that is all they are asking for. A fair shot.

(気候変動から地球を守る戦い。品位を取り戻し、民主主義を守る戦い。全ての人々に公平なチャンスを与えること。求められていることは、公平なチャンスです。)

Folks, our work begins with getting Covid under control. We can not repair the economy, restore vitality, or relish life’s most precious moments hugging our grandchildren, our children, on birthdays, wedding, graduations, all the moments that matter most to us, until we get it under control.

(みなさん、我々の活動はコロナウィルスを抑えることから始まります。それを抑えるまでは、経済を立て直すことも、活気を取り戻すこともできず、また、孫を抱きしめることや、子ども達の誕生日や結婚、卒業を祝うことなど、人生における最も大切な瞬間を楽しむこともできません。)

On Monday, I will name a group of leading scientists and experts as transition advisers to help take the Biden/Harris Covid Plan and convert it into an action blueprint that will start on January 20th 2021.

(月曜日に、私は『バイデン・ハリスCovid Plan』を支援する移行アドバイザーとして、一流の科学者と専門家グループを選出し、2021年2月20日に始動する計画として、実行に移します。)

That plan will be built on bed rock science. It will be constructed out of compassion, empathy, and concern. I will spare no effort, none, or any commitment to turn around this pandemic.

(これは基礎科学に基づいて計画され、同情、共感、配慮によって構築されます。私はこのパンデミックを好転させる為に、努力や如何なる貢献も惜しみません。)

Folks, I’m a proud democrat. But I will govern as an American president. I will work as hard for those who didn’t vote for me as those who did. Let me this grim era of demonization in America begin to end here and now.

(みなさん、私は誇り高い民主党員です。しかし、アメリカの大統領として、この国の舵を取っていきます。私は、私に投票してくれた方々と同じように、投票しなかった方々の為にも尽くしていきます。アメリカにおけるこの厳しい悪魔の時代を終わらせる為に、今ここで始めさせてください。)

Refusal of democrats and republicans to cooperate with one another, it’s not some mysterious force beyond our control. It’s a decision. A choice we make. And if we can decide not to cooperate, then we can decide to cooperate.

(民主党員と共和党員の協力を拒絶すること、それは我々の手に負えない謎の力ではありません。それは決定です。我々が下す決定なのです。私達が協力しないことを決定できるのであれば、協力することを決定することもできます。)

and I believe that this is part of the mandate given to us from the American people. They want us to cooperate in their interests. And that’s the choice I will make and I will call on congress, democrats and republicans alike, to make that choice with me.

(これは、国民から託された権限の一部であると信じています。皆、利益の為に、我々国民に協力してほしいのです。そして、それは私が行う選択であり、私と共にその選択をするよう米議会に呼びかけます。民主党員、共和党員にも同様にです。)

The Americans story is about slow, yet steadily widening opportunities in America. and make no mistake, too many dreams have been deferred for too long. We must make the promise of the country real for everybody.

(アメリカの歴史は、ゆっくりではありますが、未だ着実にチャンスを広げています。間違いなく、数多くの夢は、長い間、先延ばしにされています。私達は全ての人々の為に、この国の約束を現実のものにしなければなりません。)

No matter their race, their ethnicity, their faith, their identity, or their disability. Folks, America has always been shaped by inflection points, by moments in time we made hard decisions about who we are and what we want to be.

(人種、民族、宗教、アイデンティティ、障害は関係ありません。みなさん、アメリカは常に、変化によって形作られてきました。ある時までは、私達が誰であるか、何になりたいかということに関して、厳しい決断を下してきました。)

Lincoln in 1860, coming to save the union. FDR in 1932 promising a beleaguered country a new deal. JFK in 1960 pledging a new frontier. and 12 years ago when Barack Obama made history he told us, “Yes, we can”.

(1860年、リンカーンは合衆国を救う為にやってきました。1932年、ルーズヴェルトは国難の時に、ニューディール政策を掲げました。1960年、ジョン・F・ケネディはニューフロンティア政策を掲げました。そして12年前、バラク・オバマは「Yes, We Can」と言い、歴史を作りました。)