2019/08/19

新日本フィルがふるさと納税型クラウドファンディングを開始

公益財団法人 新日本フィルハーモニー交響楽団(東京都墨田区)が、ふるさと納税型クラウドファンディング「ガバメントクラウドファンディングTM」内にて、8月1日(木)より「音楽の力で人とまちを元気に 2019」プロジェクトを開始。墨田区「すみだの夢応援助成事業」への参加として始まった本プロジェクトは、今年で3年目を迎える。寄付金は、演奏会への招待や街角での楽員たちによる演奏活動、小澤征爾氏をはじめとする演奏記録のアーカイヴの作成などの活動等に使われるとのことだ。2018年度は過去の記録録音62公演分をアーカイヴ化しており、今年は100公演分の作業が行われる予定だ。詳細は公式サイトにて。

 

 

2019年度プロジェクト「音楽の力で人とまちを元気に 2019」概要

 

公開期間/2019年8月1日(木)~12月31日(火)

目標金額/30,000,000円

 

寄附金について/支援金は芸術文化の普及・発展に役立てる。

1.普段音楽会に行く機会のない方への演奏会チケットプレゼント

(対象:首都圏・全国の中高生、医療・福祉・介護等の施設の利用者等)

2.街角での演奏活動「まちかどコンサート」の開催

(楽員による墨田区を中心とする街角での演奏活動)

3、小澤征爾氏をはじめとする過去の演奏録音 アーカイブ(保存資料)の作成

未来へ残していくべき演奏記録を保存するため、CD・資料等を作成。 

 

返礼品の例/小澤征爾指揮特製 CD、プログラム冊子(レプリカ)、演奏会チケット、 出張室内楽コンサート等。

※CD のお礼は寄附金額30,000円以上が対象。(寄付のみは1,000円より受付)

 

※写真はイメージ。非売品の特製CD(左)とプログラム冊子のレプリカ(右)。

   

 

「音楽の力で人とまちを元気に 2019」プロジェクト

www.furusato-tax.jp/gcf/580

このページの先頭へ