2019/07/16

生き物、自然をテーマにした展覧会

 

小社が制作を担当していた渓流ルアーフィッシングマガジン『Gijie』で鱒のイラストを描いたpamiko氏が、AAA Gallery(神奈川県横浜市)で開催中の展覧会「空想ユートピア~いのちの地球~展Ⅲ」に出展中。同展は生き物、自然をテーマにしたもの。第3回目の開催となる今回は絵画や模型など総勢18名の作家が参加し、独自のタッチで動物、人間、昆虫、魚、植物、空、海などを表現。pamiko氏がここに出展した作品は、鱒ではなくシャチや馬など大自然の中に生きる動物たち。躍動感あふれるイラスト、絵の奥に描かれた深い意味を考えさせられるイラストなどがリアルな画風で描かれている。ギャラリーは山下公園や横浜中華街のすぐ近く。横浜散策がてら、ぶらりと立ち寄ってみてはどうだろう。

 

 

©︎pamiko

「Sauk tribes Aphorism(ソーク族の格言)」と題されたこの作品は、インディアンに伝わる格言をモチーフに北欧で共生する実在の熊と狼の姿を描いたという。

 

空想ユートピア~いのちの地球~展Ⅲ

開催期間/7月26日まで

会場/AAA Gallery

住所/神奈川県横浜市中区山下町82 徳永ビル206

電話/045-664-3907

開廊時間/14:00~19:00 月曜休廊

artaraqasia.com

このページの先頭へ