2019/02/04

『加賀の國』自慢の酒と季節の行事

石川県の南半部・加賀エリアの金沢より南に位置する加賀市、小松市、能美市、川北町、白山市、野々市市の6市町村を『加賀の國』と呼ぶ。美味しい酒作りの条件が揃い、全国的にも人気の高い酒蔵が軒を連ねる『加賀の國』が誇る日本酒と季節の行事、イベントを紹介しよう。

 

農口尚彦研究所 YAMAHAI GOHYAKUMANGOKU

「酒造りの神様」の異名をもつ農口尚彦氏の研究所。吟醸酒、山廃仕込み、といった日本酒ブームの背景には農口氏の存在がある。石川産の米・五百万米を使用した「YAMAHAI GOHYAKUMANGOKU」は、重厚感のある味わいと山廃特有の酸によってスキッとしたキレが抜群なのだとか。冷酒だけでなくぬる燗で飲んでも良い。

 

YAMAHAI GOHYAKUMANGOKU

1800ml 10,000円、720ml 5000円

※写真は720ml。上記価格は税抜価格。

 

農口尚彦研究所

石川県小松市観音下町ワ1番1
noguchi-naohiko.co.jp/

 

 

 

鹿野酒蔵 キス オブ ファイア

文政2年創業の蔵元・鹿野酒造のオリジナル日本酒。ノーベル賞ナイトキャップパーティーやルイヴィトンのニューイヤーパーティーにも使用された酒だ。山田錦を50%まで磨いて仕込み、3年間ゆっくりと熟成させた純米大吟醸酒で、フルーティーな味わいが特徴。

 

KISS of FIRE

750ml 税抜4000円

 

鹿野酒蔵

石川県加賀市八日市町イ6
www.jokigen.co.jp/

 

 

 

 

加賀の國 季節の行事

 

1300年前から伝わる奇祭 菅生石部神社

1300年前から伝わる菅生石部神社(すごういそべじんじゃ)に伝わる御願神事が2月10日に開催。「竹割まつり」の俗称を持つ御願神事は、白装束の青年達が長さ約2メートル・400本あまりの青竹を境内の石段や石畳に叩きつけ割り、大蛇に擬した長さ約20メートル直径約30センチ・重さ約180キロの長縄を拝殿から引きずり出し引き回して川に投げこむ。割られた竹で作った箸で食すると歯の痛みが止まり、また凧を作るとよく上がると言われているという。当日はフォトコンテストも実施、応募作品は3月10日必着。

 

御願神事開催日時/2019年2月10日(土) 11:00頃〜(約1時間)
開催場所/石川県加賀市大聖寺敷地ル乙81 菅生石部神社
0761‐72‐0412
フォトコンテスト応募先/御願神事保存会事務局 3月10日必着

 

菅生石部神社
www.tenjin.or.tv/index.htm

 

日本遺産のライトアップ 滝が原地区 石切場

小松市の石の文化を築き上げた日本遺産・滝が原地区の石切場。バレンタインの2月14日〜28日の期間はライトアップが行われる。ライトアップに合わせて、2月1日〜3月10日までの期間はフォトコンテストも開催。テーマは「石切り場のライト アップ」と「こまつの石文化」で、本格派部門とインスタグラム部門の2部門。応募は1人5点まで。

 

ライトアップ開催期間/2019年2月14日(木)〜28日(木) 毎日17:30~20:30
開催地区/小松市滝ケ原町地内
アクセス/JR「小松駅」から車で30分
問い合わせ/石川県小松市観光交流課 0761-24-8076

 

バレンタインに行きたい縁結びパワースポット

伝統工芸やアートを取り入れた美術性の高い建造物 愛染寺
片山津温泉街の近くの愛染寺。縁結びの仏「愛染明王」をまつる縁結び寺で、ハートのはめ込み式絵馬「一心絵馬」が有名。

 

住所/石川県加賀市片山津温泉11-3-5
アクセス/JR「加賀温泉駅」から加賀周遊バス→「26a片山津温泉総湯」バス停から約350m
aizenji.jp/

 

カップルを仲直りさせた縁結びの神様 白山比咩神社
白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)は、全国に約3000社もある白山神社の総本宮。御祭神は菊理媛神。伊奘諾尊と伊弉冉尊を仲直りさせた「縁結びの神様」「和合の神様」として知られる。

 

住所/石川県白山市三宮町ニ105-1
アクセス/北陸鉄道「鶴来駅」より徒歩20分
www.shirayama.or.jp/

このページの先頭へ