2018/12/17

ジョエル・ロブションがフランスの伝統菓子「ガレット デ ロワ 」発売

「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」では、12月26日より『ガレット デ ロワ Galette des rois』を発売開始する。ガレット デ ロワとは新年のお祝いには欠かせないフランスの伝統的な菓子で、クレームダマンド(アーモンド生地)をサクサクしたパイ生地で包み焼き上げたもの。キリスト教最古の三大祝日の一つ、公現祭(エピファニー)の日に食べる。
ジョエル・ロブションの『ガレット デ ロワ』はクレームダマンドに希少性の高いタヒチ産バニラを使用しているので、バニラの香るしっとりとしたアーモンド生地にパイのサクサク感とよく合う。そして毎年好評なのがオリジナル・フェーヴ。フランスではガレット デ ロワを切り分けてその年の初めを占う慣習があり、フェーブが当たった人はその一年幸運に恵まれるという。もともとは豆を使っていたフェーヴ。現在では陶器製のものになっている。来年の幸運者は誰なのか? お楽しみが増える。

 

 

『ガレット デ ロワ』に入っているフェーヴ(フランス語でそら豆の意味)。小サイズは果物などのフェーヴ、大サイズはジョエル・ロブションの料理をかたどったオリジナル・フェーヴ(写真左)。オリジナルはジョエル・ロブションの料理『スフレ・キャラメル トロピカルなソルベを添えて』(写真右)がモチーフとなっている。

 

販売期間:2018年12月26日(水)~2019年1月末 ※予約受付中
大3300円、小2000円(ともに税抜価格)

販売店舗:ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 六本木ヒルズ店、丸の内ブリックスクエア店
ル パン ドゥ ジョエル・ロブション 全店
www.robuchon.jp/

このページの先頭へ