2018/09/27

ホテルニューグランドのクリスマス限定デザインケーキ

 

今年でオープン90周年を迎えたホテルニューグランド(神奈川県横浜市)で9月26日、クリスマスケーキ発表会が行われた。同ホテルでクリスマスケーキのお披露目がメディア向けに開催されるのは、90年の歴史の中で初めてのこと。というのも、これまでクリスマスに向けたケーキの販売を大々的には行われておらず、ここ数年になって徐々に力を入れ始め、ついに今年、見た目も華やかな2種類の新作を含むクリスマスケーキを販売することになったからだ。

 

とは言いつつ、そこはさすが老舗ニューグランド。随所に伝統の味が盛り込まれ、昔からのファンでも楽しめる仕上がりになっている。例えば、タルトの表面にいくつものプチシューがデコレーションされたポップなデザインが目を引く「プロフィットロール」。こちらのベースになったのは、根強いファンに愛されている昔ながらのシュークリーム。そしてシューの周りのクリームは、これまたホテル伝統のバタークリームが使われている。昔はケーキのクリームといえばバタークリームだったが、昨今はあまり見かけることがなくなってしまった。だがニューグランドでは、頑なにバタークリームの味を守り続けてきたのだという。この味が懐かしいという年配の方はもちろん、バタークリームを食べたことがない若い人にもぜひ食べてみてほしい。生クリームとは違った食感に、きっと驚くはずだ。

 

このほかにも新作「ブッシュドノエル」、クリスマス限定デザインの「生チョコレートケーキ」「苺のショートケーキ」など、ホテルニューグランドのクリスマスケーキは全4種類。いずれも10月1日(月)から予約受付開始。

 

予約・問合せ

ホテルニューグランド 本館1階 コーヒーハウス「ザ・カフェ」
045-681-1841(代)10:00〜21:30

www.hotel-newgrand.co.jp/menu/christmas-heartwarming2018/

 

左/「ブッシュドノエル」(9180円/限定20台)。ビスキュイショコラの上に濃厚なジャンドゥーヤとピスタチオのムースを重ね、中心には苺のムースが入った大人向けのクリスマスケーキ。右/「プロフィットロール」(12960円/限定20台)。タルト生地の上に積み上げられたプチシューは、カスタード・チョコレート・ストロベリーの3種。見た目は同じなので、食べてみるまでどの味なのかわからない、ロシアンルーレット的な楽しみもあり。

 

左/「生チョコレートケーキ」(5号4860円/7号8640円)。クリスマス限定デザイン。右/「苺のショートケーキ」(5号5400円/7号11880円)。クリスマス限定デザイン。

このページの先頭へ