2018/08/31

ハイアット グループ世界各地の料理人が技を競う「THE GOOD TASTE SERIES 2018」開催

8月29日、グランド ハイアット 東京(港区・六本木)にて「THE GOOD TASTE SERIES 2018」アジア太平洋地区予選大会が行われた。「THE GOOD TASTE SERIES」は、世界各地のハイアットグループで働く若手料理人が技を競い合う料理コンペティションだ。11名の料理人たちが当日発表された食材を使って料理2種を調理し、審査が行われた。会場では、昨年度のアジア太平洋地区優勝者であるパーク ハイアット 東京の杉崎智也シェフによる世界大会の報告、全参加シェフと杉崎シェフのコンテストメニューが振る舞われた。優勝者は、ハイアット リージェンシー 京都「トラットリア セッテ」の奥田壮太朗シェフ。奥田シェフは今後、地区決勝大会へと進み、さらに選出される2名の枠を勝ち取ると、アジア太平洋地区代表として世界大会へと進むこととなる。

 

優勝したハイアット リージェンシー 京都の奥田壮太朗シェフと総料理長のマルコ トッレ氏。

 

 

2014年に北米地区のハイアットで始まった「THE GOOD TASTE SERIES」は、昨年から全世界規模での開催となった。料理そのものはもちろん、調理過程や食材管理まで細かく審査され、シェフ自身の知識と経験が試される。昨年度の報告をする杉崎シェフ。

 

当日の出場者の様子。

 

 

「THE GOOD TASTE SERIES 2018」開催を記念して、パーク ハイアット 東京「ニューヨーク グリル」では杉崎智也シェフの特別メニューが期間限定で登場。昨年度地区大会で優勝した杉崎シェフが創作した前菜とメインの料理をベースとしたスペシャルメニューが堪能できる。詳細はHPで。

 

「THE GOOD TASTE SERIES」 ファイナリスト スペシャルディナー
・期間: 2018年9月18日(火)~20日(木)
・料金: 12000円(サービス料・税別)
・予約・問い合わせ: パーク ハイアット 東京「ニューヨーク グリル」
TEL 03-5323-3458
restaurants.tokyo.park.hyatt.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ