2017/06/21

「レオナルド×ミケランジェロ展」三菱一号館美術館で開催中

レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロの素描を対比する日本初の展覧会「レオナルド×ミケランジェロ展」が、東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催中(9月24日(日)まで)。トリノ王立図書館やカーサ・ブオナローティ所蔵の作品を中心に、日本初公開を含む約65点が展示されている。また、7月11日(火)からはイタリア・ヴィンチェンツォ修道院付聖堂所蔵のミケランジェロの未完作品であり、17世紀の彫刻家の手により完成された、『十字架を持つキリスト(ジュスティニアーニのキリスト)』が公開される。作品を設置するまでに来館した方に限り、彫刻鑑賞券(1階展示室のみ入場可)が配布される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく《レダと白鳥》

1505-10 年頃 ウフィツィ美術館

©Firenze, Gallerie degli Uffizi, Gabinetto fotografico delle Gallerie degli Uffizi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランチェスコ・ブリーナ(帰属)《レダと白鳥(失われたミケ ランジェロ作品に基づく)》

1575 年頃 カーサ・ブオナローティ ©Associazione Culturale Metamorfosi and Fondazione Casa Buonarroti

 

 

 

 

レオナルド×ミケランジェロ展

会期:2017年6月17日(土)~9月24日(日)

会場:三菱一号館美術館(〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2)
開館時間:10:00~18:00(祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜休館(但し、祝日は開館)
入館料:大人1700円/高校生・大学生1000円/小中学生500円
アフター5女子割:毎月第2水曜日17:00以降/当日券・一般(女性のみ)1,000円
障がい者割引:障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名まで当日料金の半額
※いずれの割引も他の割引との併用は不可

展覧会サイト

mimt.jp/lemi
美術館サイト

mimt.jp

 

展覧会の開催期間中は、美術館内のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」で限定ランチとデザートが提供される。レオナルドとミケランジェロをイメージした美しさと夏らしい爽やかさが自慢のメニューだ。ランチのメインはイタリアの定番肉料理である牛のタリアータ、デザートでは2人の巨匠の作品イメージを対比して表現した美味なスウィーツが堪能できる。クラシックで落ち着いた雰囲気のある空間で、優雅な時間を過ごせるのもいい。

 

Café 1894
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館美術館1F
開店時間:11:00~23:00(L.O. 22:00)
TEL:03-3212-7156

 

Café 1894
mimt.jp/cafe1894/
Café 1894展覧会タイアップメニュー
mimt.jp/lemi/cafegoods.html

このページの先頭へ