2015/11/27

表参道で高知家フェア開催

「高知県は、ひとつの大家族やき。」をスローガンに高知県が推進するPRキャンペーン「高知家ALL STARS」。その一環として12月1日から東京・表参道の「えまるしぇ omotesando」にて、『高知家フェア〜「さわち部ランチ おきゃく」と「金色の土佐茶鍋」』が期間限定で開催される。まずランチタイムに提供されるのは、大勢で皿を囲む高知県ならではの食文化「皿鉢(さわち)料理」と2015年のトレンドワード「部ランチ」を組み合わせた「さわち部ランチ」の忘新年会向けメニュー「さわち部らんち おきゃく」(要予約)。そしてディナータイムには、高知県産の土佐茶と宗田節を使用した「金色(きんしょく)の土佐茶鍋」が愉しめる。期間中は、都内ではなかなか購入できない高知県産品関連商品の物販も行われる。

 

sawachi「さわち部ランチ おきゃく」
高知県が生産量日本一を誇る「にらのお浸し」、高知県が発祥の地と言われる「高知のフルーツトマト〜海洋深層水塩添え」、はずむような歯ごたえが特徴の「土佐はちきん地鶏のにら包み焼き」など7品を大皿に盛ったお昼の忘新年会にぴったりなメニュー(税込¥6,000/要予約)。盛り付けには、高知県の伝統的な和紙「土佐和紙」を使用。

 

 

 

tosachanabe「金色の土佐茶鍋」
金色透明で豊かな風味の「土佐茶」と濃いダシが特徴の土佐清水産「宗田節」のスープにネギをたっぷり入れ、豚肉をしゃぶしゃぶ風にいただく鍋料理(税込¥2,480/2人前から)。残ったスープと味付け茶殻で作る「お茶漬け風」も絶品(オプション/税込¥680/2人前から)。

 

 

 

『高知家フェア〜「さわち部ランチ おきゃく」と「金色の土佐茶鍋」』
■実施店舗:えまるしぇ omotesando(www.kyowa-e.co.jp/emarche/
■住所:東京都港区南青山3-18-19 フェスタ表参道5F
■開催期間:2015年12月1日(火)〜2016年1月25日(月)
■営業時間:ランチ11:30〜15:00(L.O 14:30)/ディナー18:00〜23:00(L.O 22:15)
■定休日:月曜(時期により変更の可能性あり)、年末年始は12月31日〜1月4日まで休み

このページの先頭へ