2014/10/27

京都にあるフランスの文化施設「ヴィラ九条山」日本のアーティストにも開放

20141027kyotoアンスティチュ・フランセ日本が運営するアーティスト・イン・レジデンス「ヴィラ九条山」(京都市山科区)が、10月4日にリニューアルオープンした。同日の夕刻より、彬子女王殿下、フランスのロラン・ファビウス外務大臣、門川京都市長といったVIPを招き記念のオープニングセレモニーが盛大に行われた。
セレモニーでは、銀閣 慈照寺の花方教授を務める珠寶さんの厳粛で荘厳な生け花のパフォーマンスが行われ、参加者の注目を集めた。
また施設には、無数のキャンドルが灯され幻想的な夕べを彩り、ねぶた作品の「侍 le veilleur」が、京都の夜景を眺めるように鎮座し、セレモニーを盛り上げた。セレモニーを終えると、アーティスト・イン・レジデンス「ヴィラ九条山」は、それまではフランス人アーティストにその場所を提供していた施設を、今後は、審査を通過した日本人アーティストにも提供していくという。
これにより、日仏アーティストの真の交流が広がっていくことになるはずである。

このページの先頭へ